つらいとき、悩みを抱えたとき、こころの病気かもしれないと思うときなど、どうしてよいのかわからなくなってしまうかもしれません。

風船にたとえてみると、こころはパンクしそうにふくらんで、どこかに空気の出口がほしいのかもしれません。逆に、しぼんでいてもっとエネルギーがほしい状態になっていることもあるでしょう。

こんなとき、誰かに話を聞いてもらって、張りつめたこころをゆるめましょう。しぼんだこころをゆったり包んでもらいましょう。相談しても解決しないと思ったり、相談するのは恥ずかしいと感じたりするかもしれません。でも、勇気をもって相談することで、第一歩を踏み出すことができます。

友達や家族に相談するだけでなく、学校の先生やスクールカウンセラーに相談するのもよいでしょう。また、誰でも気軽に相談できる公的な窓口やこころを専門に診る病院など、様々な相談先があります。